東京、神奈川、埼玉、千葉、対応。リピート率が高い葬儀社です。

葬儀の種類

時代の変化にともない、葬儀のありようも多種多様に変化してまいりました。多くのバリエーションの中から選ぶことができる時代です。

葬儀式・告別式

日本の伝統的な葬儀です。家族、親戚、地域の人、故人の友人、知人等に広くお知らせして参列していただきます。

家族葬

家族葬とは必ずしも家族だけで行う葬儀というわけではなく、親戚や故人と親しかった友人・知人に参列いただき、ゆっくりと故人を偲ぶ小規模・少人数で執り行われる葬儀の形です。核家族化・長寿化の現代で最も一般的な葬儀の形です。

密葬

密葬は後日、本葬やお別れ会を行う前に親族や親しかった者だけで行う葬儀です。故人が有名人であったり、社葬であったり、会葬者が多く見込まれる場合、前もって親しい者だけで行こなわれます。現代で最も一般的な「家族葬」は本葬なしの「密葬」と云えます。

一日葬

本来は通夜、葬儀・告別式と通常二日以上かけて行われる葬儀を、通夜をなくして葬儀から火葬までを一日で済ます葬儀のスタイルです。

直葬

直葬とは病院・自宅などのご逝去先から直接火葬場に搬送し荼毘を行う、通夜や葬儀を行わない形式です。火葬場の霊安室は家族が付き添う事ができないので、ゆっくりとしたお別れをご希望の場合、一旦ご自宅にお連れするケースもあります。荼毘(火葬)は死亡診断書に記載された死亡時刻から24時間経過しなければ行えないため、実際に火葬されるのは翌日以降になります。

社葬・合同葬

その会社に対して大きな業績を残した人の死に際し、会社(法人)が施主となって、会社がを行なう社会的葬儀です。一般故人の葬儀とは異なり、社葬には故人へ深い弔意や敬意を表すとともに新たな事業後継者を社会に認知してしてもらう意味もあります。遺族で執り行う個人葬と社葬をまとめて一緒に行う葬儀を合同葬と云います。

無宗教の葬儀

この葬儀は決まった宗教儀式や作法に縛られないので、故人らしさを尊重した葬儀・告別式ができますが、前もってどのような形にするか葬儀社と相談して決めておく必要があります。無宗教葬には注意点があります。宗旨・宗派不問の公営墓地に納骨予定の場合問題ありませんが、先祖代々の菩提寺に納骨する場合、納骨を拒否される場合があります。菩提寺と檀家の間には守らなければならないルールがあるので納骨を断られても仕方ありません。このような場合、家族や身近な人達だけで宗派に則った葬儀を執り行い、その後、関係者を招いて無宗教の告別式を行うのが賢明です。

自由葬(音楽葬)

自由葬とは無宗教葬の一種です。伝統的な形式にとらわずに、故人らしさ尊重した演出でお別れするスタイルです。故人の好きだった音楽を流して行う音楽葬などが代表的です。

市民葬・区民葬

市民葬・区民葬とは行政サービスの一環として各市区町村が葬儀事業者と契約をかわし、その葬儀会社によって執り行われる葬儀です。亡くなられた方・葬儀を行う親族の方の住民票がある市区町村がその対象となります。契約でかわした規約の範囲以外は各事業者のオプション価格となります。

自然葬

自然葬とは火葬後のお骨をお墓に納骨するのではなく、粉骨し故人ゆかりの地や海や山など自然の中に散骨する葬儀です。遺骨を土中に埋葬する樹木葬も自然葬 の一つです。かっては散骨が禁じられた時代もありましたが現在では社会的合意が得られています。散骨は節度をもって行わなければならないため、事前に十分な打ち合わせが必要となります。

PAGETOP