東京、神奈川、埼玉、千葉、対応。リピート率が高い葬儀社です。

葬儀に関するQ&A

葬儀に関して分からない事、不安に思われていることをQ&Aにまとめています。

葬儀に関するQ&A

どこの葬儀社にすべきか迷っています

事前に準備をすることは不謹慎なことではありません。事前の準備しておくことで心おきなく故人とのお別れができます。むしろ後で後悔しないためにも事前の準備は大切だと云えます。事前相談したからと云って、その会社に決めなければならない訳ではありません。その際、後で余分な費用が発生しないようにしっかりとした見積書を書いてもらっておくと良いでしょう。事前相談は無料です。

住宅事情により自宅に安置することができないのですが

ご自宅以外の場所にご遺体の安置を希望される場合、事前に葬儀社を決めておく必要があります。ご遺体を安置するための設備がある斎場や施設の手配は葬儀社が専門的に行っています。この場合、搬送とその後の葬儀を別々の会社に依頼するのは難しくなります。

事前に準備しておくと良いものは、どのようなものですか

1.遺影用のお写真。出来るだけ鮮明なものが良いのですが、なければ集合写真の様なものから切り抜い て使用することも可能です。
2.訃報を連絡するためのリストを作成しておく。
3.宗教の有無と宗旨・宗派の確認をし菩提寺の連絡先を調べておく。

いざという時、まず何をすればいいのですか

自宅で亡くなられた場合は、まずかかりつけの医師に連絡して死亡診断書を発行してもらいます。かかりつけの医師がない場合は、警察に連絡します。病院でお亡くなりの場合は医師に死亡診断書を書いてもらいます。その間、葬儀社に連絡してご遺体搬送の手配をしてください。その後、近親者のみに連絡します。菩提寺がある場合は、そのお寺や住職にも連絡します。

真夜中でも葬儀社に連絡していいのですか

24時間365日、いつでも連絡してください。迅速に対応いたします。

菩提寺が遠方になるのですが

菩提寺ある場合、たとえ遠方だとしても菩提寺に連絡・相談するのが原則です。ご住職の都合がつかない場合は菩提寺から地元の寺院(僧侶)を紹介してもらうか、葬儀社に同じ宗派の寺院(僧侶)を紹介してもらうこともできます。

葬儀場はどこにしたらよいのですか

次のような葬儀会場があります。
・公営の区民斎場、市民斎場、公営の火葬場併設斎場
・民営の葬儀会館、寺院斎場、民営の火葬場併設斎場
・葬儀社のセレモニーホール 
・菩提寺の本堂や壇信徒会館
・自宅
・その他、集会所や貸しホールなど。
葬儀会場をどこにするかは葬儀社選びにも葬儀のスタイルにも関係してきます。

葬儀にはどのくらい費用がかかりますか

葬儀の費用は、その規模やスタイルによって大きく変わってきます。葬儀本体の費用以外にも飲食接待費、斎場使用料、火葬場使用料、寺院費用として読経料・戒名料、お布施 等がかかります。費用に関しては事前に葬儀社とじっくり相談しておくことが大事です。

初めてで分からないことも葬儀のことなら東京都小平市で信頼のサポート力で解決いたします

大切なご家族が亡くなられる悲しみは、誰にでも突然やってきます。何から始めればいいのか分からない、何も準備をしていないという方も、小平市にある葬儀の正行にお任せいただければ安心です。
葬儀に関するよくあるご質問や、当社のサービスの詳細についてQ&A形式で分かりやすくご案内しておりますので、ぜひご参考になさってください。ご不明点や気になることがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。24時間365日フリーダイアルで対応しており、事前のご相談やお見積りは無料にてご利用いただけます。
お知り合いの葬儀に参列した経験が豊富な方でも、いざお身内で突然の悲しみが訪れ、喪主というお立場になると分からない事は多いものです。葬儀の正行はご遺族のお気持ちに寄り添って親身にサポートさせていただきますので、何でもお尋ねください。

24時間365日いつでも対応TEL 0120-094-304お気軽にお問い合わせください

PAGETOP