東京、神奈川、埼玉、千葉、対応。リピート率が高い葬儀社です。

葬儀の流れ

日本では多くの葬儀が仏教式で行われています。一口に仏式と云っても日本には多くの宗旨・宗派があり、その宗旨・宗派によって作法や儀礼に違いがあります。これは最も一般的な葬儀の流れです。

葬儀の流れ

病院・ご自宅にてご臨終
病院でお亡くなりの場合、連絡をいただいた葬儀社がご希望の場所に搬送いたします。
枕飾り・葬儀打ち合わせ・納棺
ご自宅などに着いたご遺体を安置する為のお布団と白い敷布をご用意ください。枕飾りは葬儀社が準備いたします。葬儀打ち合わせの間に菩提寺に連絡して「枕経」と納棺の際の立ち会いをお願いします。打ち合わせで葬儀の日時等が決まりましたら関係者に知らせます。
通夜
通夜は本来、別れの最後の夜として遺族や親族、故人と親しい人々が集まり、故人を偲び別れを惜しむものです。しかし日中に行われることが多い葬儀には、仕事の都合等で出席できない人もいるため通夜に弔問客を迎えることが多くなっています。まず僧侶の読経が行われます。読経の途中から遺族・親族・弔問客の順番にご焼香が行われます。
葬儀・告別式
故人を見送るための、宗旨・宗派に則った宗教儀式が葬儀式です。告別式は故人と最後の別れをする社会的な儀礼です。棺を閉じる前に故人に最後の別れを告げ、花を手向けるようなことが告別式にあたります。
出棺
葬儀・告別式が終わりましたら棺を霊柩車(寝台車)に乗せ喪主がお別れの挨拶をします。遺族・親族が同行し火葬場に向かいます。
火葬・骨上げ
火葬には、死亡届を役所に提出した際に発行される「埋火葬許可証」が必要です。お骨になったご遺体を会葬者全員で囲み、骨箸で喪主が持った骨壺に納めていくことを骨上げと云います。この時、自分の骨箸から直接骨壺に納めるのではなく、別の人の骨箸に渡し、箸から箸を経て納めます。
還骨法要
骨上げ後、葬儀会場・寺・自宅等に戻り遺骨・位牌・遺影を飾り僧侶に読経、供養してもらいます。
初七日
初七日とは本来は故人が亡くなった日を入れて七日目に行う法要ですが、今日では会葬者の負担を減らすため葬儀・告別式と併せて行うのが一般的になっています。「還骨法要」「初七日」が終わりましたら、僧侶やお世話になった方々を招いて宴席を設けます。これを「仕上げ」とか「精進落とし」と云います。
 

葬儀に関する流れや法要について小平市の「葬儀の正行」よりご紹介いたします

初めて喪主を務める事ことになり、分からない事や不安でお困りの方や、急な葬儀の手配をご希望の方は、「葬儀の正行」をぜひご利用下さい。当社は東京都小平市にございますが、小金井市や多摩地域など近隣地域への対応も可能ですのでお気軽にご用命下さい。
また、事前にどんな準備をして良いか分からないという方や、本番では焦らないように流れを確認しておきたいというお客様の声にお応えして、葬儀の流れを当ページでご紹介しております。
当ページでは一般的な仏教式の葬儀当日の流れの他、葬儀以前のご準備や法要のご紹介もしております。葬儀は宗教や宗派によって形式や流れがことなりますので、葬儀に関して分からない事がございましたら、葬儀の正行までお気軽にお問い合せ下さい。
PAGETOP